SPECIAL EVENT - ARTIST

いずみ朔庵(いずみさくあん)

イラストレーター

さいたま市浦和在住。
ある時は時代物イラストレーター、またある時は和雑貨デザイナー。講談調紙芝居師、褌アーティスト、着物バーテン。江戸文化歴史検定2級。
好きなもの:時代小説、古典落語、浪曲、お酒、着物、犬より猫、肉まんよりあんまん。

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

Uebow(ウエボウ)

イラストレーター
東京在住。 2010年よりイラストレーターとして活動開始。
Illustratorを武器に、”可憐に、強く”をモットーにモダンポップと和を融合させたイラストを描く。フライヤーデザインやゲームアプリのキャラクターデザインなどを中心に展開中。
2011年イラストレーターユニット「pRizmagiC」結成。
2012年7月初個展「とうとふたつ」開催。

eico wada(エイコ ワダ)

デリシャスアーティスト

自らを「デリシャス・アーティスト」として名乗る。
浮世絵を独自の視点で捉え、風刺やエロスをスパイスに現代風にアレンジした作品を展開。
アーティスト活動は1996年から開始、毎年グループ展やアートフェアなどに出品。
2002年に銀座で初個展、2004年にはニューヨークで個展。
海外展示も積極的に行い、グローバルに活躍。

sioux(スー)

現代美人画画家1978年生まれ、宮城県仙台市出身。
東京造形大学デザイン学科卒業後2001年より商業イラストレーター活動を開始。デザイン事務所勤務を経て2007年フリーランスに。装丁、挿絵、広告等様々な媒体で活動中。
また、学生時代から制作発表を続けてきた「女の子/女性」をテーマやモチーフにした作品を、2009年の初個展よりあらためて「現代美人画」として打ち出し、個展や企画展、グループ展などでの展示やライブペインティング等のアーティスト活動を行う。水彩やアクリル絵の具等のアナログ技法による繊細な表現、憂いや色気のある表情と透明感、鮮やかな色彩が特徴。

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

真珠子

美術家。

近年は、南蛮文化や、女性史など、生まれ故郷の天草をテーマに、ろうけつ染め、陶芸、インスタレーション、写真などを制作し、自身のルーツを掘り起こし、表現している。
雑誌『Illustration』「ザ・チョイス」2004年度賞入賞。 
NHK「デジタル・スタジアム」第191回田中秀幸セレクション受賞。  
佐藤可士和セレクション入選。丹下紘希セレクション入選。 
みうらじゅんセレクション作品収録 。

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

sou(そう)

人形・オブジェ制作/webデザイン

京都出身、京都精華大学日本画学科卒。
高校時代に「人形を作りたい」と言い出し、「人形作るなら日本画できた方が良いよ」と親にまんまと騙され日本画学科に進学。入学後、やっと騙されたことに気付き無気力に。
卒業後息を吹き返しようやく人形を作り始める。
現在は着物っ子、人外っ子をメインに制作。
人外以外には愛を感じない程度には人外を愛している。

TOMOKUNI

イラストレーター/デザイナー/エアブラシアーティスト

3月4日愛知県生まれ、東京 江古田 在住、 O型 魚座のイラストレーター。 
イラストレーション、 デザイン、 エアブラシペイント、キャラクターデザイン、 Tシャツデザインなど アナログ と デジタル で 活動中。近年は積極的に展示イベントなどにも参加。
2005年頃よりMeshCapにエアブラシによるペインティングを施した作品“Mesh Cap Art Collection” を発表。

 

2011年 7月より友人イラストレーター仲間と共にイラストフリーペーパー『BooBrowBusters』(年4回 3・6・9・12月末) 刊行。
 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

森谷勇介 (Yusuke Moriya)

立体造形/映像美術/総合美術

1988年生まれ。東京デザイナー学院アート科卒。立体造形クリエイターとして活動。粘土や樹脂をベースに様々な素材を使った作品を制作。作家活動の他にフリーランスでTV小道具の制作、アーティストから依頼を受けて、キーホルダーなどのグッズ制作も行っている。
動物の骨格と機械をミックスした標本をイメージして、「自分の好きな物、カッコいいと思うもの」をスチームパンク調で制作。素材は主に樹脂や粘土、その他に木・金属・プラスチックなど様々な素材を組み合わせている。塗装で本物のような質感を表現し、実際にはない重さや汚れなどを表現するのが得意。
「アート作品」としてだけでなく、それを量産したり、派生作品を作り、商品/グッズなどにも展開出来るような制作の形を目指している。

  • Wix Facebook page

紅胡(Benicco)

イラストレーター/グラフィックデザイナー

1981年生まれ。日本大学藝術学部デザイン学科卒業。
デザイン事務所に勤務しながら2008年よりイラストレーターとして同名義にて作家活動をスタート。その後、2012年にメイクアップブランドのアートディレクターを経てフリーランスへ。
ベジェ曲線を使った日本画のようなラインワークを特徴とし、「ロマンティック・モダン」をテーマにモードでスタイリッシュ、かつ、どこかセクシーを感じさせる女性を描く。
2013年よりクリエイティブユニット「Papillion(パピリオン)」として、アートディレクター・照紗とタッグを組み活動開始。

  • Wix Twitter page

照紗(てれさ)

グラフィックデザイナー/イラストレーター/アートディレクター
神奈川県生まれ 高校・アートカレッジ時代をオーストラリアで過ごす。
BA Design学士修得後、帰国。IT企業のグラフィックデザイナー経てフリーランスのグラフィックデザイナー・イラストレーターとして独立。商業イラストレーター・デザイナーである傍ら、作家として国内外でのアートイベントやメディア、アートコラボ企画などで作品を発表中。
歌舞伎の物語などを下敷に、時代を越えても変わらない、恋する乙女の一途な熱量や傾く心を「傾乙女(かぶきおとめ)」の世界観として平面作品を始め、写真や和装デザインなど多岐に展開する。2013年よりクリエイティブユニット「Papillion(パピリオン)」として、アートディレクター・紅胡とタッグを組み活動開始。
東京デザイン専門学校キャリアコースの講師も勤める。
本イベント「嬌艶」の運営やヴィジュアルイラストや宣伝美術にも関わる。

  • Wix Twitter page